[2017.04.30] M3-2017春に出展します

2017年 4月30日(日)、東京流通センター(東京都大田区平和島)第一・第二展示場で開催のM3-2017春に出展します。開発中のDSD対応USB接続オーディオインターフェイス I88AD-U1(仮称)の展示・デモを行う予定です。
同イベントについて詳細はこちらのサイトをご覧下さい。
機器に関する詳細はこちらをご覧下さい。
ご来場をお待ちしております。



[2016.10.21] M3-2016秋に出展しました

2016年10月30日(日)、東京流通センター(東京都大田区平和島)第一・第二展示場で開催のM3-2016秋に出展、開発中のDSD対応USB接続オーディオインターフェイス I88AD-U1(仮称)の展示・デモを行いました。
同イベントについて詳細はこちらのサイトをご覧下さい。
機器に関する詳細はこちらをご覧下さい。



[2016.06.22] 音元出版 NetAudio誌に記事掲載

第13回 1ビット研究会でも発表したDSDによる3Dサラウンド構築の試みについて、音元出版 NetAudio誌に記事が掲載されました。収録現場の模様から再生の実践まで合計6ページにわたる詳細な記事のほか、付属ディスクにはサンプルデータが収録されていますのでぜひお手に取ってご覧ください。
音元出版 NetAudio Vol.23 (7/19発売)



[2016.06.10] 第13回 1ビット研究会に発表参加しました

2016年6月22日(水)、早稲田大学・西早稲田キャンパスで開催の、早稲田大学IT研究機構 第13回 1ビット研究会に発表参加しました。
当日は、DSD録音による3Dサラウンドの構築をテーマとして、その方法論の解説と、クロック共有したオーディオインターフェイス試作機2台で録音された16チャンネルデータによるデモを行いました。
<第13回 1ビット研究会>
日 時:2016年6月22日(水)13:00~17:40(開場 13:30)
場 所:早稲田大学 西早稲田キャンパス 63 号館 2 階 04~05 会議室
主 催:早稲田大学 IT 研究機構 1 ビットオーディオ研究会
*開催要領



[2015.12.23] DSD対応オーディオインターフェイス試作機により録音のアルバム『二つのソナチネ』リリース

etendueレーベルからSACDアルバム『二つのソナチネ』AIQ-1006をリリースしました。
愛知セントラル交響楽団フルート奏者でソリストとしても活躍中の磯貝俊幸、国内外のコンクールで受賞歴をもち各地で幅広く活動中のピアニスト・金澤みなつの共演により、日本人作曲家のフルート作品を収録しています。
昭和中期に活躍した平尾貴四男(1907-1953) 、戦後日本の代表的作曲家の一人・林光(1931-2012)、より若い世代から雁部一浩(1955-)・原田雄介(1963-)、この4人の日本人作曲家が作曲した個性的なフルート曲は、親しみやすい曲想の中に作曲家それぞれの特質を示す作品となっています。
収録には当社が開発中のDSD対応オーディオインターフェイスを使用、452席規模のホールながら高い天井高でたっぷりの容積を持つエメラルドホール(愛知県碧南市)の優れた響きと、ホール装備のピアノ(ベーゼンドルファー・インペリアル)の音質を活かし、豊富で複雑な音響をそのまま収録しています。
お求めは弊社オンラインショップamazon.co.jpまたは全国CDショップでどうぞ。



[2015.10.25] M3-2015秋に出展しました

2015年10月25日(日)、東京流通センター(東京都大田区平和島)第一・第二展示場で開催のM3-2015秋に出展しました。開発中のDSD対応USB接続オーディオインターフェイス I88A-U2(仮称)の展示・デモを行う予定です。
同イベントについて詳細はこちらのサイトをご覧下さい。
機器に関する詳細はこちらをご覧下さい。



[2015.04.26] M3-2015春に出展しました

2015年4月26日(日)、東京流通センター(東京都大田区平和島)第一・第二展示場で開催のM3-2015春に出展しました。開発中のDSD対応USB接続オーディオインターフェイス I88A-U2(仮称)の展示・デモを行いました。
同イベントについて詳細はこちらのサイトをご覧下さい。
機器に関する詳細はこちらをご覧下さい。



[2014.02.03] 開発中の音響機器 I88A-U2(仮称)に関する説明会を開催しました

2014年2月3日(月)、大田区産業プラザ(東京都大田区蒲田)特別会議室において、かねてより試作を行っておりますDSD対応USB接続オーディオインターフェイス I88A-U2(仮称) に関する説明会を開催しました。
この機器の開発意図、機能および仕様、試作の経緯、試作機による録音の実践、そして製品化に向けての開発の現状についてご報告しました。
当日の模様は Phile-web ニュースAV Watch ニュース、および 藤本健のDigital Audio Laboratory をご覧下さい。
機器に関する詳細はこちらをご覧下さい。



[2013.10.27] M3-2013秋に出展しました

2013年10月27日(日)、東京都大田区平和島の東京流通センターで開催のM3-2013秋に出展しました。
当日は弊社の録音サービス・SACDなどメディア製造サービスのご紹介のほか、現在試作進行中のDSD対応USB接続オーディオインターフェイスの再生デモを行いました。デモに用いる試作機は最新のもので、この日が初披露でした。
<M3-2013秋>
日 時:2013年10月27日(日)11:00~15:30
場 所:東京流通センター(弊社スペースは第二展示場2F)
参加料:1,000円
主 催:M3準備会



[2013.06.26] 第7回 1ビット研究会に発表参加しました

2013年6月26日(水)、早稲田大学・西早稲田キャンパスで開催の、早稲田大学IT研究機構 第7回 1ビット研究会に発表参加しました。
当日は、現在開発中のUSB接続オーディオインターフェイスの概要について説明し、サラウンド録音の実践について試聴を交え報告しました。
藤本健さんによる研究会レポートがこちらに掲載されておりますのでぜひご覧下さい。
<第7回 1ビット研究会>
日 時:2013年6月26日(水)13:30~18:00(開場 13:00)
場 所:早稲田大学 西早稲田キャンパス 63 号館 2 階 04~05 会議室
主 催:早稲田大学 IT 研究機構 1 ビットオーディオ研究会
開催要領



[2013.04.20] DSD対応オーディオインターフェイス試作機により録音のアルバム『モティヴィ/榊原利修』リリース

USB接続オーディオインターフェイス初期型試作機を用い2012年9月に録音されたソースによるアルバム『モティヴィ/榊原利修 コントラバスのためのソロ・デュオ曲集』が2013年4月20日リリースされました。
名古屋市の熱田文化小劇場ホールを利用して無伴奏コントラバス曲およびデュオ曲の録音セッションを行い、そのDSDソースを元に5.0chサラウンドでの再生に最適化したCD/SACD Hybrid盤を制作しました。もちろんSACD Stereo、CD Stereoでもソースの性質は十分感じ取っていただけるものと思います。
同アルバムは弊社オンラインショップのほか、Amazon.co.jpなどCD取り扱いショップで販売中です。

<モティヴィ/榊原利修 コントラバスのためのソロ・デュオ曲集>
ETENDUE AIQ-1005
SACD Hybrid (SACD 5.0 / SACD STEREO / CD STEREO)
価格:3,570円(税込)

[1] クヌート・ギュトラー:グリーンスリーブスによる変奏曲
[2] クロード・ドビュッシー:シリンクス
[3-5] 萩京子:ダンス・オブ・アコルダンス・アンド・ディスコルダンス
[6] エミール・タバコフ:モティヴィ
[7-9] ジャン・バリエール:チェロとコントラバスのためのソナタ
[10-12] ベルンハルト・ロンベルク:コントラバス二重奏のためのソナタ

榊原利修 コントラバス
本橋裕 チェロ [7-9]
高柳安佐子 コントラバス [10-12]

収録:2012年9月 名古屋市熱田文化小劇場ホール